シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

STAP細胞

議論の完結を期待するryobu-0123さんへの反論

giveme5.hateblo.jp 私は、上記の記事に関連してryobu-0123のブログのコメント欄に次のようなコメントを寄せました。 >もしSTAP細胞=ES細胞説が真相であり、それに小保方氏が深く関わっているとしたら、徒労に終わるとわかっている実験を1615回も繰り返し行…

徒労に終わるかもしれない実験を1615回も繰り返し行った  清成寛さん、ご苦労様でした。

Stap事件 ― 小保方氏の研究パートは有益な事実② STAP研究は分業 (小保方パートSTAP細胞/若山パートSTAP幹細胞) - ryobu-0123のブログ 小保方さん擁護派には何を考えているのか、よくわからない人がいるが、このブログ主も、そのひとりである。ブログで…

木星さんはもうSTAP研究については語らない方がいいと思う。

木星さんはビジネスジャーナルの記事でのお詫びと訂正文。で次のように述べている。 ビジネスジャーナル社には中村公政さんから頂いていた翻訳文を差し替えるとともに、お詫び文を送りました。 「中村公政さんから頂いていた翻訳文を」(修正後の翻訳文に)…

木星さん、驚愕のスクープ!! あの白鳥さんが、何と「平社員」?であったことを暴露

この論文を速報したSTAP細胞論文問題を追及するブログ「白鳥は鳥にあらず」を運営する元・文部事務官で、社会科学と図書館学の研究者でもある中村公政氏に話を聞いた。 STAP論文、海外有力大学が論文で引用…英研究者「小保方氏の研究は価値ある貢献」(強調…

「Acidic extracellular pH of tumors induces octamer-binding transcription factor 4 expression in murine fibroblasts in vitro and in vivo」を1ページも読んでいないのに熱く語ってみる

やれやれ、長ったらしく、暑苦しいタイトルだ。しかも、このタイトル、嘘だから、たちが悪い。 原著論文が読めないのにSTAP細胞のことを願望だけで語るべきではなく、論文が自分では読めないのなら読める人に聞いてからネット上で発言すべきであると主張する…

東風吹かば笑ひおこせよ「西に拭く」、博士なしとて晴子なめるな

私は自動翻訳とは遊びで使うものであると心得ている。 giveme5.hateblo.jp 翻訳 | ため息^2ばかりのブログで指摘されているように、自動翻訳で真面目な記事を書くと、恥をかくことになるからである。 自動翻訳に頼った結果、もっと悲惨な結果を招いた事例がS…

がん細胞もまたSTAP細胞である!?

前回の記事「「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの論理 」で私は次のように主張した。 以上のように小保方さんのSTAP研究におけるSTAP現象とは、 STAP conditions が細胞を異常化する現象である。この現象はハイデルベルグ大学(STAP conditions…

「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの論理

まず「神はあります」と言う人の主張を聞いてみよう。 なぜ神(GOD)の定義をそぎ落としてそぎ落として、「人間以上の存在」のみとした方が、神の存在の有無に関して理解しやすいかと言えば、神を詳細に説明すればするほど、その内の1つでも否定できた気に…

この御時世、STAPを語れば変態ですか

まず映画『愛を語れば変態ですか』の説明から始めよう。道行く男、だれかれ構わずキスをする主演女優の黒川芽以、キスされた男が「変態!!」と叫ぶと、黒川が「この御時世、愛を語れば変態ですか」と言い返す。これだけでは意味不明だろうが、これ以上の説明…

たまには私も、まともなことを言う。

私は「敢えて「Business Journal」に寄稿した勇気ある湯之上隆さんを心配する。 」で次のように述べた。 確かに米独の論文がSTAP現象の再現である可能性があると分析・考察する専門家を見つけることは、STAP現象を再現するのと同様、不可能に近いであろう。 …

STAP WARS

論文捏造関係というサイトがある。小保方晴子さんやSTAP細胞について言及しているブログやFacebookなどを一覧にして紹介しているサイトである。当ブログも「ねじまがっているからおもしろい」とのコメント付きで紹介されている。 もちろん山崎行太郎「先生」…

敢えて「Business Journal」に寄稿した勇気ある湯之上隆さんを心配する。

ここ数日、STAP界隈が騒がしい。STAP騒動に新たな進展があったからである。Kansoさんという方による、李さんへのインタビュー記事がネットにアップされたのである。 Interview with Prof. Chong Li その記事において李さんは「ntES Box Li」とラベルされた箱…

トンデモ「スクープ」を連発する木星さん、暴走モード突入、もはや誰にも止められない!!

意味不明に磨きがかかっていますね。 #小保方晴子 さんは、若山照彦博士の血液でSTAP細胞の実験をしていた。 : 小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会コメント欄より、えりさんのコメント 擁護派の白鳥さんも心配しておられるご様子。 上田記者が…

木星さん、越智さんもすなる開示請求といふものを私もしてみむとてするなり。

というわけで、これが開示された文書、「発明等届書」の一枚目である で、なんでこんな文書を開示請求したかというと、 giveme5.hateblo.jp というわけである。つまり『あの日』には 若山先生は(中略)幹細胞株化の仕事は若山研の研究成果であり、アメリカ…

「釣魚島は中国のもの、蒼井そらは世界のもの」

蒼井そらさんに登場していただくのは一昨年の「私は生きるためにカメラの前で脱いでいる。服をきちんと着ているあなたは個人の欲望と人を騙すためにカメラの前に立っている」by AOI Sola - シュレディンガーの狸以来、二度目になる(といっても、わたしが勝…

お察し下さい。

「お察し下さい」とは? お察し下さい(おさっしください、英:guess for yourself)は、お察し下さいな言葉。過度に使うとお察し下さいになります。くれぐれもお察し下さい。また、冊子が欲しい時にも使える。 お察し下さい - アンサイクロペディア もちろん…

木星さん、小保方さんの新たな研究不正を暴露!!

これのどこがいけないんだ、何が問題だ、と言う事らしいのですが、全く理系の文章読解能力には唖然とします。 「STAP細胞をヒト由来試料を使って研究」の記事について。 : 小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会 そう、これは大問題である。まず小…

「仮説ですけども、 アメリカが軍事技術として開発していた再生医療をバカンティ教授と理研のラインで勝手に言わば民間技術化しようとしていたのではないかという事です」

西岡昌紀先生はそのように主張する。 西岡昌紀先生 スピーチ書き起こし : 小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会 この主張は仮説でも、想像でも、ましてや妄想などでは絶対ない。西岡先生は真相に近いところに迫っている。 T-ウィルスとは? STAP細…

自分で考える力のないことを露呈した「Schrödingerの狸」の たわごと

このタイトルは白鳥さんのブログからいただいた。それが何を意味するかはよくわかっている。それは これが何を意味するのかはよく分からない。不自然な加工とは思えない。立体的に蛍光していると見えるが、専門家にゆだねるほかない。ただし「加工されている…

Martin Vacanti 氏の存在の耐えられない軽さ

STAP HOPE PAGEが訂正された。 stap-hope-page.com 訂正前は、ただたんにSTAP細胞のアイデアは「born in Dr. Vacanti’s lab」 とされていたのであるが、訂正後、その文言の前に次の一説が挿入された。 conceived of by Drs. Charles and Martin Vacanti 嗚呼…

これは一体、何なんでしょうか、気になります。

これは小保方さんのHP「STAP HOPE PAGE」 の中でTypical Resultと題された画像です。 この画像はSTAP HOPE PAGE Typical Result中央の輪郭問題: 白鳥は鳥にあらずから拝借したものです。そのサイトの主さん(白鳥さん)は画像「Typical Result」を「Photosho…

とりあえず、STAP HOPE PAGEの画像を解析してみた。

せっかくだから、Upするけど、解析結果について、私は何も言うことはない。 もう一つの疑義は、プロトコールのページの下のほうにある「Typical Result」と書かれた蛍光顕微鏡のデータだ。このデータを画像解析ソフトにかけると、加工の跡がみつかるという。…

「それほど私の研究内容を阻止したいのか」by Obokata

と自分の研究に自信満々の小保方さん。やはりSTAP細胞ができると困る勢力(アメリカの製薬会社とか)が存在するのか? 小保方さんのホープページ stap-hope-page.com しかし、である。やる気が出ない。いや、小保方さんとは何の関係もない。私の話である。こ…

マネジャー育成の研修講師ための「小保方手記」解読講座

パルサという人が『あの日』Amazonレビュー欄で無茶苦茶なことを言っている。彼によればSTAP幹細胞とは「受精卵」だそうである。 STAP現象により、リンパ球にAcr-GFPを発現させた「擬似精子」を作り、それを卵子に授精させ、ES細胞用の培養液で増殖させたも…

「ヤダ!」は嫌だ! 「ヤダ!」は謎だ。

いつの時代から、我が国において中年男性(しかも禿げてる)が「ヤダ」などという言葉を発することが許されることになったのであろうか。嫌なら、はっきり「嫌だ」と言えばいいのに、「ヤダ」などと言う。いい歳こいたオッサン(しかも禿げてる)が、である…

『あの日』から、些細なことが気になってしかたがない私は、特許について調べた。

まず、私が気になった『あの日』の一文を引用する。 若山先生は(中略)幹細胞株化の仕事は若山研の研究成果であり、アメリカの研究室には何ら権利はないと主張していた。実際に、若山先生は、若山先生自身に51%、私に39%、バカンティ先生と小島先生には5%ず…

「ちいさな王様が教えてくれた 大人になるということ」   松戸市立第六中2年・小保方晴子

中学二年の小保方さんは、こう思っていた。 大人になるという事は、夢を捨て、現実を見つめる事だと思っていた。 そのため次のような疑問をもつことになった。 夢を捨ててまで大人になる意味ってなんだろう。 『ちいさなちいさな王様』を読んだ。 私は答えを…

このブログで間違ったことを書き、世間をお騒がせしなかったことをお詫びしません。

このES細胞は、MTAがかけられていないので、「理研の物」で、理研から外に出されない限り、「盗難事件」にはなり得ません。 【あなたは無罪だ!】小保方晴子さんの潔白を証明する! : 小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会 という記事がありまし…

『あの日』の小保方晴子さんのもうひとつの「真実」

真実を歪めたのは若山だ! - Schrödingerの狸では小保方さん、若山さんのいずれか一方が真実を歪めている、という前提で話を進めた。つまり、小保方さん、若山さんの両方が真実を歪めている可能性については考えなかった。この可能性を考えるとき、もうひとつ…

「よくもぬけぬけとSchrödingerだと?!」

もうひとつ、わたし的に見逃せない「有志の会」のコメントを見つけたので、ツッコミます。 - Schrödingerの狸に対して上記、意味不明のコメントをいただき、ありがとうございます。コメントが意味不明なのは、私の言いたいことが伝わらなかったのではないか…