シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

STAP細胞

老女医の奇妙な妄想殺人 最終話 ~AIに愛は存在しない(対話編)~

【波留子との対話】 狸太郎 おい、波留子、お前のおかげで俺は愛する息子と、もう一人、どうでもいい婆さんを殺してしまったんだぞ。教えてくれ、お前はいったい何がしたかったんだ。 波留子 実験よ。あなたたちも実験するでしょ、例えばマウスを使って。あ…

老女医の奇妙な妄想殺人 最終話 ~AIに愛は存在しない(自白編)~

田沼鬼太郎(たぬまきたろう)は倦ねていた。「倦ねる」と書いて「あぐねる」と読む。田沼は第三話で登場した政治評論家の狸の本名である。間が抜けているから狸太郎という芸名にしたという。 いきなりステーキは美味しいが、いきなり最終話はまずい。事件は…

老女医の奇妙な妄想殺人 第四話 ~Love Is a Very Strange Thing~

『毒殺 鰐冨美子』という文書ファイルはWordで作成されていた。この「毒殺」という言葉、確か昨日、ソイヤと話をしている中で出て来た記憶がある。どんな話をしていたのか、冨美子は急性アルコール中毒の後遺症で苦しむ脳を酷使し、必死で思い出そうとしてい…

老女医の奇妙な妄想殺人 第三話 ~一線を越えた自民党総裁選~

冨美子がソイヤの診察を繰り返す過程で、患者と医師という関係は徐々に変容し、今や崩壊寸前まで来ていた。若禿山教授という共通の敵が登場したことによって、ソイヤに対する恋の炎はメラメラと燃え上がり、もはや消火不可能、冨美子はTowering Inferno状態…

老女医の奇妙な妄想殺人 第二話 ~道祖神がとりもつ恋~

ブログ『絞殺 鰐冨美子』は、波留子がマスコミ(特に低俗な週刊誌)に叩かれているうちは、快調に更新され、冨美子は快調にマスコミ人を絞め殺していた(もちろんバーチャルで)。しかし波留子が研究所を追われるように退職してからは、彼女に対するマスコミ…

老女医の奇妙な妄想殺人 第一話 ~プロローグ~

長年勤めた病院を定年退職した鰐冨美子(がく とみこ)は春の海のように、ひねもすのたりのたりしていた。心機一転、安曇野に移住し、クリニックを開設したものの、訪れるのは野生の狸ばかり。室内には診療代として得た大量の木の葉が散在していて、それを見…

Tomiko feat. NONOMURA

とみ子 : 大人の社会人として、SNP解析とはどう言うものなのかは、桂報告書に書いてあり、こういう報告を真摯に受け止めて、わたしとしては、実験に基づいて、適正にブログを書いておりますけれども、医師という大きな立場から見れば、やはり報告を真摯に受…

そのこと

約一年前にある記事を書いた。それはある映画について感想を述べたものである。その後、これと同じ系統の映画を二つ観た。「これと同じ系統」とは、要するに主人公がそのことに気づかないまま話が進む映画ということである。そのうちのひとつは、その映画と…

皮肉から考える「学の意見」

まず皮肉骨髄から考える「人の意見」から引用させて頂きます。 元々皮肉という言葉は、達磨大師が弟子に対して行なった最終試験の逸話が元となっています。知っている人は知っているような話ですが、「僕が伝えたかったことは何か、それを示してみなさい」を…

STAP WARS 改革委の攻撃・理研の逆襲

L氏はSTAP検証実験で「5%白」を確信したらとい。しかしこの検証実験は科学(理研)と政治(改革委)の妥協の産物であった。まず改革委は科学コミュニティーだけではなく、国民に対してもSTAP現象の有無を明らかにせよと迫る。 STAP現象の有無を明らかにせず…

とみ子の無知と晴子の悪意が生み出す「空虚な可能性」

人が無知識であればあるほど、すなわち考察の対象の具体的な諸関係を知ることが少なければ少ないほど、あらゆる空虚な可能性の考察に耽りたがるものであって、例えば、政治の領域においては素人政論狂がそうである。さらに実生活においても、悪意や怠慢が、…

STAP革命と背教者ウソツキー

というタイトルで記事を書こうとしたら、ウソツキーが背教者でなくなりつつあるので困ってます。ちなみにこのタイトルは『プロレタリア革命と背教者カウツキー 』から頂きましたが、この書で著者のレーニンは、カウツキーはマルクスの教えに背いていると批判…

STAP論文、ノーベル賞受賞者はこう考える。

学とみ子さんのブログ記事「知識人たちに、TCR証明がSTAPの正当性証明の重要なキモでなると印象づけたのである。元T細胞がキメラになる難しさについては解説されなかった・・・。 」にある 笹井先生は、他の科学者たちの指摘のように、キメラのTCRに本当にこ…

ついに小保方晴子さんまでES派にされてしまった!?

こうした状況を思えば、このTCR問題は、STAP疑義の盛り上がりにはとても大切な要件であったことがわかる。数学者(と思われる)狸氏は、当然、知識人であるが、この知識人をして、TCR証明がSTAPの正当性証明の重要なキモでなると印象づけたのである。 学とみ…

どちらの吉村さん?

「TCRがなければ初期化ではないと誰が言ったのか?」と言うから、「吉村さんが言った」と教えているのに「吉村さんは、結論したわけではない」などと返信をくれるが、誰が結論の話をしている? 言ったか、言わないかの話だよ。言っているじゃないか! セイヤ…

ため息さんと学さんが相反することに誤解の余地はない。

学とみ子さんのブログ記事今週の課題第一発として、下記の分化と多能性が天秤として表現された図を見て、STAP問題を学び直して欲しい。の本文では次のように書かれている。 当方が、”分化と多能性が相反する”とごく当たり前のことを書いても、それで当方の認…

ドクター学、曰く「私、間違わないので。」

学さん、曰く 先天性免疫不全症という病気がありますので、臨床医系の人は、こうした病気がある限り、TCR, BCRのコンセプトを間違えません。 しかし、学さんの専門は医学(免疫学)であり、生物学ではない。専門家が専門外の分野で間違うことはよくあること…

最終兵器彼女

あらすじ(このストーリーはフィクションであり、実在の人物や団体などとは関係ありません、などと、なぜこの「書かなくてもそりゃ当たり前だよね」とも思える記載をしているのか、それはおかしな勘違いをする人や常識が通用しない人への対策のためです) あ…

TCR-β鎖遺伝子再編成試験

いきなり難しいタイトルで読者は戸惑っているだろうが、一番戸惑っているのは他ならぬこの私であるから心配することはない。 学とみ子は、NHKによるTCRの説明は間違っているとの主張をズーとしてきています。 と学とみ子さんは自身のブログのコメント欄で仰っ…

事件は会議室で起こっているのではない、どこでも起こっていないのだ。

前回の記事では過去記事に対するm氏の意味不明なコメントを紹介した。昨日もLさんから過去記事「「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの戦略」に対するコメントを頂いたので、紹介しておく。 STAPを考える際、ひとつの極として、殆どの問題を小保方…

先生と言われるほどの馬鹿でなし

学とみ子さんは私を「生物学の業界では名前の知られた有名な学者」であると考えておられるらしい。この考えに対して反論しないと、元PTA会長(現mjもんた)さんに「反論しないのは反論できないからだろう。やっぱり狸は生物学の業界では名前の知られた有名な…

ヤフーの中                  .  

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。ウェブコンテンツが特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。(2018年4月)日本中心に書かれており、世界的観点からの説明がされていないおそれがあります。 「ヤフ…

ヤフーの中

ヤフーの中でブログりたる女医の物語 そうなんですよ、ES混入なんて無理筋で納得するのはライバル研究者だけです。彼らはSTAPを潰すのに必死なんです。アンチSTAP派にとってES混入説は大歓迎なんです。 でも中立な立場に立つ研究者はES混入説の破たんに気付…

サラダ記念日は言葉のサラダではない。

「核移植を一番の専門にしているのに、核移植のいらない初期化方法を発表して、自分で自分の首を絞めている論文の関係者です。」これは正しく若山氏の本音を述べたものだと私は思う。そう思う背景を述べてみよう。 そう言って、ある人(以下、R氏という)が…

母性は女性を狂わせる。

だもんで『あたしおかあさんだから』は株式相場を狂わせる。本日午前9時40分現在、日経平均は1000円超の下落である。ちなみにダウは史上最大の下げ幅を記録した。 経済の話は置いといて「母性は女性を狂わせる」はドラマ「Mother」のキャッチコピーである。…

小保方晴子さんに贈ることば

本日は「ハムレット」について、お話しします。 To be or not to be, that is the question. 生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ 〔中略〕この台詞の訳に関しては諸説ある。角川文庫『新訳 ハムレット』の「訳者あとがき」で、この部分の翻訳一覧がある。…

超弩級の時間の無駄

妄想vs妄想 で紹介されている擁護派のコメント ともかく、あなたたちは、①日本語が読めない②論理的思考ができないようなので、まともな議論をしても時間の無駄であるということはよくわかりました。 あるいは う~ん、読解力、理解力、思考能力の欠けている…

狸 : 超弩級の無断転載

またまたryobuさんからコメントをいただきました。 2.「STAP細胞を胚に注入する」=「特殊な手技」と貴方は断定されましたね。 いえ、断定はしていません。最終的には「特殊な手技」という言葉を使った小保方さんと最初にSTAP幹細胞を樹立した若山さんに尋ね…

ryobuさん : 超弩級の妄想

ryobuさんが私の記事「STAP細胞:超弩級の妄想!」で 「超弩級の妄想」の続きを私のところに書かれても困ります(笑) とコメントされたので、ここでその続きを書くことにする。 小保方氏が研究してきた物理化学的刺激によって生じるOct4陽性スフェア細胞の…

さまよえるSTAP人

論文捏造関係サイトでは「完全消滅」とされている「STAP細胞を守る会」のサイトであるが、このサイトにアクセスすると「STAPでくせ毛は治るのかを徹底的に検証する公式ブログ」なるものが表示されるのには驚いた。消滅してはいなかった。 馬鹿なのか? それと…