読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

「緑のたぬきより赤きつね」

これが殺害された小保方晴子博士の残したダイイング・メッセージだった。

「これ、本当にダイイング・メッセージなんですかね。ただ『緑のたぬきより赤いきつねの方が美味しい』って言いたかっただけなんじゃないですか?」

「死に瀕した人がそんなことを書き残しますかねぇ? それにメッセージにあるのは『赤いきつね』じゃなくて『赤きつね』ですよ、気になりませんか?」

「赤きつね、英語で言えばRed Foxか…」

「そのFをSに変えると、どうなりますか?」

Red Soxですが…」

「Red Soxの本拠地は…?」

「ボストンですけど…」

「ボストンと言えば…?」

ハーバード大学!」

ハーバード大学と言えば…?」

「.バカンティ!!」

「しかし、もしダイイング・メッセージがバカンティを意味しているとすれば、犯人は特定されません。君も知っての通り、バカンティは二人います。それに『緑のたぬき』の意味が分かりません」

「確かに…」

「では次に『緑のたぬき』について考えましょう。まず『緑』は英語で言うとGreenです。『緑のたぬき』は食べ物ですが、君は『グリーン』のつく食べ物と言えば何を思い浮かべますか?」

「グリーンのつく食べ物、グリーン、グリーン…、あっ、グリーンピース

「そのPeasはPeaの複数形です。Peaを日本語に訳すと…?」

「知りません」

エンドウ豆ですよ」

「そうですか。で、そのエンドウ豆がどうかしたんですか?」

「君は小保方さんを批判するブログがあったのを覚えていますか?」

「ええと、確か、『kahoの日記』とか…」

「その『kaho』ですが、本名の『たかほ』から『た』を抜いたものらしいですね」

「『た』を抜いた……ああぁ『たぬき』だ!」

「そして、その方の苗字は…?」

「『エンドウ』です、やりましたね。ダイイング・メッセージの謎が解けましたね」

「いえ、まだです。もしダイイング・メッセージ遠藤高帆を意味しているなら、今度は『赤きつね』の意味が分かりません。本来、それは必要のないものです」

「ああ、そうか」

「そこで、わたしはこう考えました。小保方さんが最初に伝えたかったのは『赤きつね』が必要ないということではないかと。そのためには『赤いきつね』ではダメで『赤きつね』でなければならないんです」

「えぇ? どういうことですか。僕にはさっぱりわかりません」

「いいですか。『赤きつね』が必要ないならば『緑たぬき』も必要ない、小保方さんはそう言いたかったのではないでしょうか」

「『緑たぬき』も必要ない……??」

「そこでダイイング・メッセージから必要のないものを取り去ってみましょう。いいですか。『緑のたぬきより赤きつね』から『緑』『たぬき』『赤きつね』を取り除くと残るのは…」

「あああぁぁ!! 『の』『より』だぁ!!

「そう、犯人は野依理事長だったんです」

 

 

「杉下さんて、すごいですね。こんな複雑なメッセージを解くことができるなんて」

「簡単です。野依理事長はさき程、自首されました。犯人がわかったから、メッセージの謎が解けたのです。というより、これ、本当にダイイング・メッセージなんでしょうかねぇ」

 

相棒 ―劇場版3―