シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

「『Windows 10』への無償アップグレードを抑止する方法にユーザー困惑の声」という記事に困惑の声

Windows 7からWindows10に無料アップデートできるという話はだいぶ前に聞いた記憶がある。しかし私には関係のない話だと思っていた。アップデートする気がないからである。しかしこの記事を読んで驚いた。

「Windows 10」への無償アップグレードを抑止する方法にユーザー困惑の声 (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

 

すでにWindows 7 SP1とWindows 8.1からの無料アップデート予約が始まっているのは既報のとおり。7月29日以降には自動でダウンロードが行われ、アップグレードの準備ができ次第、アップグレードのスケジュールを促すポップアップが表示されます。

 

なんと、何もしないと、自動的にWindows10がダウンロードされてしまう!?

私もWindows 10への無償アップグレードを抑止しなければならないのか!?

 

しかし、普段扱い慣れてないユーザーにとっては説明が不十分で間違える可能性もあり困惑する声が挙がっているようです。「勝手にアップグレード?」「PCの設定いじるの苦手なんだけど」「もっと簡単にできるようにしてほしい」などTwitterには多くの不満が寄せられています。

 

私も一瞬、困惑した。

しかし、調べてみると、やはり私には関係のない話であった。

「Windows 10への無償アップグレードを抑止する方法」は危険なので実施しない方がよいでしょう | Solomonレビュー[redémarrage]

自動的にWindows10がダウンロードされるのは、事前に予約した人だけ。私はもちろん予約などしていない。

もし、予約した人でも、気が変わって、Windows10がダウンロードされるのは嫌という人は予約を取り消せばいいだけの話。

「勝手にアップグレード?」「PCの設定いじるの苦手なんだけど」「もっと簡単にできるようにしてほしい」などの不満の声をあげているのは、私と同じ勘違いをしているのでは?