読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

MATSUDO

退職のため理研の研究施設を使用することができなくなった時、わたしの前に道を拓いてくれたのは......。
NewAlbum「There are too many people to defend me. But there is no one to support me.」の中から、「MATSUDO」を聴いてください。  HARUKO

 


FUKUOKA