シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

「舐めて、たらいを感ぜよ!!」

今週の【お題】は「ふつうに良かった映画」であるらしい。

そこで今回は、映画『海を感じるとき』をとりあげようと思う。

この映画が「ふつうに良い映画」かどうかと問われると私は答に窮する。

まず「ふつうに良い映画」とはどのような映画なのかが判らない。

そして何よりも私はその映画を観ていない。

 

それでも私もまた「海を感じる時」はたまにある。

しかし「たらいを感じる」ことは絶対ない。

もしそのようなことがあれば、それは奇跡である。

しかし、舐めれば、その奇跡が起こるという。

そう断言するのは私がいつもお世話になっている「ヤフー翻訳」さんである。

問題は「何を舐めるべきか」である。

残念ながら「ヤフー翻訳」さんは教えてくれない。

 

 

ところで以下は映画『鬼龍院花子の生涯』における故・夏目雅子さんの有名な台詞である。

 

わては高知九反田の侠客、鬼龍院政五郎の…オニマサの娘じゃき、なめたら…なめたらいかんぜよ!

 

 

この「なめたらいかんぜよ」の部分を「ヤフー翻訳」さんに翻訳してもらった。

 

 

You lick it, and feel a tub.

 

海を感じる時

 

 

今週のお題「ふつうに良かった映画」