読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

「すたっぶ問題はぁ……グズッ……理研のみンドゥッハッハッハッハッハアアアアァァ! 理研のみンゥッハー! グズッ理研のみならずぅう!神戸……日本人の問題やないですかぁ……命がけでッヘッヘエエェエェエエイ! アァアン! アダダニハワカラナイデショウネエ……」

再現実験のために理研に出勤した初日、まるで幼稚園児のように泣きわめく小保方晴子博士を見て、STAP細胞再現実験の総括責任者である相澤慎一特別顧問は「こりゃ、あかんわ」と思った。その後、記者会見に臨んだ相澤さんは

小保方リーダーの様子について、「使い物になる状況では…」

と思わず、本音を言いかけたが、あわてて

「まったく不適当なので取り消させてください」と発言を撤回。「精神状態が落ち着くまでは、すぐに実験に入れる状況ではない」と説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140702-00001727-bengocom-soci