読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

ビールの涙

ビールは怒っている!

という話である。

へぇ~、ビールでも怒るの、ビールも偉くなったもんだねぇ

などとビールを見下しているあなた。

ビールが怒るわけねぇだろ!!

怒っているのは私である。

物言わぬビールに代って私があなたにビールの気持ちを伝えよう。

 

あなたが居酒屋の暖簾をくぐるとしよう。

カウンターの奥から、着物のよく似合う、ちょっと生活に疲れた感じの色気が漂う、歳の頃なら30代後半の女将さんが

「いらっしゃいませ、お飲み物は何にしましょう」

と尋ねる。

そこで、あなたは、こう答えるはずだ。

「とりあえず、ビール」

 

なんで、「ビール」の前に「とりあえず」が付くんですか?

 

「いきなり何を飲むかと尋ねられると即答はできません。わたくしは日本酒も好きだし、焼酎のお湯割りも悪くない。でも明日は朝が早いから軽くチューハイにしておくべきではないか。いや、まてワインを忘れていないか。

ああ、女将さんはこんなわたくしを見て、なんて優柔不断な男だこと、なんて軽蔑してないだろうか、いやしている、絶対に軽蔑している。

そうだ、時間稼ぎをしよう。その間に何を飲むかをじっくり考えよう。」

という強迫観念(というか妄想)に取り憑かれたあなたが発したことば、それが

「とりあえず、ビール」

なのである。だから「ビール」の前に「とりあえず」が付くわけなのだ。

 

これは、あまりにもビールに失礼な話ではないか。

ビールはあなたに飲まれている、なのに、あなたは他の酒のことを考えている。

それでもビールは黙って飲まれている。

ただ、ときどき栓を開けると泡があふれ出すことがある。

あれは悔しさ、切なさ、やるせなさに耐え切れなくなったビールの涙である。

なんと健気なビールではないか。

そんなビールに対して「とりあえず」だと!?

ふざけんじゃねえ!!

 

ちなみに「汗をかいた後のビールはうまいね」

これも禁句だから。ビールはいつ飲んでもうまい、ビールに感謝、ビール万歳。

これからはそういう態度でビールと付き合うこと、わかりました?

 

とりあえず、今回はこんな話です………すまん。