シュレディンガーの狸

このブログがなぜ"シュレディンガーの狸"と名付けられたのか、それは誰も知らない。

STAP細胞

事件は会議室で起こっているのではない、どこでも起こっていないのだ。

前回の記事では過去記事に対するm氏の意味不明なコメントを紹介した。昨日もLさんから過去記事「「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの戦略」に対するコメントを頂いたので、紹介しておく。 STAPを考える際、ひとつの極として、殆どの問題を小保方…

先生と言われるほどの馬鹿でなし

学とみ子さんは私を「生物学の業界では名前の知られた有名な学者」であると考えておられるらしい。この考えに対して反論しないと、元PTA会長(現mjもんた)さんに「反論しないのは反論できないからだろう。やっぱり狸は生物学の業界では名前の知られた有名な…

ヤフーの中                  .  

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。ウェブコンテンツが特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。(2018年4月)日本中心に書かれており、世界的観点からの説明がされていないおそれがあります。 「ヤフ…

ヤフーの中

ヤフーの中でブログりたる女医の物語 そうなんですよ、ES混入なんて無理筋で納得するのはライバル研究者だけです。彼らはSTAPを潰すのに必死なんです。アンチSTAP派にとってES混入説は大歓迎なんです。 でも中立な立場に立つ研究者はES混入説の破たんに気付…

サラダ記念日は言葉のサラダではない。

「核移植を一番の専門にしているのに、核移植のいらない初期化方法を発表して、自分で自分の首を絞めている論文の関係者です。」これは正しく若山氏の本音を述べたものだと私は思う。そう思う背景を述べてみよう。 そう言って、ある人(以下、R氏という)が…

母性は女性を狂わせる。

だもんで『あたしおかあさんだから』は株式相場を狂わせる。本日午前9時40分現在、日経平均は1000円超の下落である。ちなみにダウは史上最大の下げ幅を記録した。 経済の話は置いといて「母性は女性を狂わせる」はドラマ「Mother」のキャッチコピーである。…

小保方晴子さんに贈ることば

本日は「ハムレット」について、お話しします。 To be or not to be, that is the question. 生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ 〔中略〕この台詞の訳に関しては諸説ある。角川文庫『新訳 ハムレット』の「訳者あとがき」で、この部分の翻訳一覧がある。…

超弩級の時間の無駄

妄想vs妄想 で紹介されている擁護派のコメント ともかく、あなたたちは、①日本語が読めない②論理的思考ができないようなので、まともな議論をしても時間の無駄であるということはよくわかりました。 あるいは う~ん、読解力、理解力、思考能力の欠けている…

狸 : 超弩級の無断転載

またまたryobuさんからコメントをいただきました。 2.「STAP細胞を胚に注入する」=「特殊な手技」と貴方は断定されましたね。 いえ、断定はしていません。最終的には「特殊な手技」という言葉を使った小保方さんと最初にSTAP幹細胞を樹立した若山さんに尋ね…

ryobuさん : 超弩級の妄想

ryobuさんが私の記事「STAP細胞:超弩級の妄想!」で 「超弩級の妄想」の続きを私のところに書かれても困ります(笑) とコメントされたので、ここでその続きを書くことにする。 小保方氏が研究してきた物理化学的刺激によって生じるOct4陽性スフェア細胞の…

さまよえるSTAP人

論文捏造関係サイトでは「完全消滅」とされている「STAP細胞を守る会」のサイトであるが、このサイトにアクセスすると「STAPでくせ毛は治るのかを徹底的に検証する公式ブログ」なるものが表示されるのには驚いた。消滅してはいなかった。 馬鹿なのか? それと…

STAP細胞:超弩級の妄想!

「STAP細胞:超弩級の驚愕!細胞はPH5で25分処理すると初期化される!」から、HN「べ」さんのコメント (2014/01/29 10:08)の一部。 STAPとESが比較検討されていますが、まずSTAPはESのように増えずにむしろ培養すると死亡?するようです。培養7日目にはOct4+…

盗用~ハルコの場合~

【起】事件の概要 宝石店「珍宝堂」のショーケースに置かれていた宝石が盗まれたと店主のタヌキから警察に通報があった。タヌキは、その宝石は世界にひとつしかない貴重なもので、絶対に取り戻してほしいと訴えた。しかし、そんな高価な宝石であるにもかかわ…

小保方さんの「失楽園」

エデンの園には「善悪の知識の木」が植えられていて、アダムとイブは、神から「その木の実は決して食べてはならない」と戒められていたにもかかわらず、それを食べた。そして神はアダムとイブをエデンの園から追放した。この話、すなわち旧約聖書の「失楽園…

【『逃げ恥』人気便乗企画第3弾】STAP黒白相撲合戦

ここは、とあるテレビ局の会議室。プロデューサー(P)とディレクター(D)とアシスタントディレクター(A)が大みそかの特番について話し合っている。 【第一回企画会議】 A 大みそかの特番といえば、格闘技でしょう。 D ばか。オレはそんな、低級な番組は…

狸なんてひどいもんだ。書くことがないからか他人のブログの賞味期限切れ記事をネタにしているぜ。

STAP問題が沈殿しているらしい。 ryobu-0123なんてひどいもんだ。書くことがないからか、他人のサイトの記事をまるごとコピペだぜ。オリジナルのサイトには連絡先が書いてないので、許可を得てコピペしているとは思えない。魚拓を取るということと意味が異な…

「STAP現象」で村おこし

『あの日』出版、STAP HOPE PAGEの開設、寂聴さんとの対談と、矢継ぎ早にネタを提供してくれた小保方晴子さんであるが、それ以降の動きがない。つい最近、小保方さんは、合コンに参加したらしいが、しかし、さすがにそれだけでは、ブログの記事のネタとして…

「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの戦略

理研が発表した「小保方研究ユニットリーダーが参加する『STAP現象の検証計画』の進め方」によれば、小保方さんはテラトーマ実験もやるはずであった(ただし「不正を犯した人物」を明確にすることは検証実験の目的からはずされた)。したがって、このテラト…

相澤真一さんの「Results of an attempt to reproduce the STAP phenomenon」を一行も読んでないから、冷めて語る。

相澤真一さんが小保方さんによる検証実験の結果について、論文を発表し、その論文がSTAP界隈を賑わしているようだ。 というのも小保方さんは、単に論文のプロトコル通りにSTAP細胞塊を作る実験を厳しい監督下で1615回行っただけであり、その細胞塊がどう扱わ…

議論の完結を期待するryobu-0123さんへの反論

giveme5.hateblo.jp 私は、上記の記事に関連してryobu-0123のブログのコメント欄に次のようなコメントを寄せました。 >もしSTAP細胞=ES細胞説が真相であり、それに小保方氏が深く関わっているとしたら、徒労に終わるとわかっている実験を1615回も繰り返し行…

徒労に終わるかもしれない実験を1615回も繰り返し行った  清成寛さん、ご苦労様でした。

Stap事件 ― 小保方氏の研究パートは有益な事実② STAP研究は分業 (小保方パートSTAP細胞/若山パートSTAP幹細胞) - ryobu-0123のブログ 小保方さん擁護派には何を考えているのか、よくわからない人がいるが、このブログ主も、そのひとりである。ブログで…

木星さんはもうSTAP研究については語らない方がいいと思う。

木星さんはビジネスジャーナルの記事でのお詫びと訂正文。で次のように述べている。 ビジネスジャーナル社には中村公政さんから頂いていた翻訳文を差し替えるとともに、お詫び文を送りました。 「中村公政さんから頂いていた翻訳文を」(修正後の翻訳文に)…

木星さん、驚愕のスクープ!! あの白鳥さんが、何と「平社員」?であったことを暴露

この論文を速報したSTAP細胞論文問題を追及するブログ「白鳥は鳥にあらず」を運営する元・文部事務官で、社会科学と図書館学の研究者でもある中村公政氏に話を聞いた。 STAP論文、海外有力大学が論文で引用…英研究者「小保方氏の研究は価値ある貢献」(強調…

「Acidic extracellular pH of tumors induces octamer-binding transcription factor 4 expression in murine fibroblasts in vitro and in vivo」を1ページも読んでいないのに熱く語ってみる

やれやれ、長ったらしく、暑苦しいタイトルだ。しかも、このタイトル、嘘だから、たちが悪い。 原著論文が読めないのにSTAP細胞のことを願望だけで語るべきではなく、論文が自分では読めないのなら読める人に聞いてからネット上で発言すべきであると主張する…

東風吹かば笑ひおこせよ「西に拭く」、博士なしとて晴子なめるな

私は自動翻訳とは遊びで使うものであると心得ている。 giveme5.hateblo.jp 翻訳 | ため息^2ばかりのブログで指摘されているように、自動翻訳で真面目な記事を書くと、恥をかくことになるからである。 自動翻訳に頼った結果、もっと悲惨な結果を招いた事例がS…

がん細胞もまたSTAP細胞である!?

前回の記事「「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの論理 」で私は次のように主張した。 以上のように小保方さんのSTAP研究におけるSTAP現象とは、 STAP conditions が細胞を異常化する現象である。この現象はハイデルベルグ大学(STAP conditions…

「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの論理

まず「神はあります」と言う人の主張を聞いてみよう。 なぜ神(GOD)の定義をそぎ落としてそぎ落として、「人間以上の存在」のみとした方が、神の存在の有無に関して理解しやすいかと言えば、神を詳細に説明すればするほど、その内の1つでも否定できた気に…

この御時世、STAPを語れば変態ですか

まず映画『愛を語れば変態ですか』の説明から始めよう。道行く男、だれかれ構わずキスをする主演女優の黒川芽以、キスされた男が「変態!!」と叫ぶと、黒川が「この御時世、愛を語れば変態ですか」と言い返す。これだけでは意味不明だろうが、これ以上の説明…

たまには私も、まともなことを言う。

私は「敢えて「Business Journal」に寄稿した勇気ある湯之上隆さんを心配する。 」で次のように述べた。 確かに米独の論文がSTAP現象の再現である可能性があると分析・考察する専門家を見つけることは、STAP現象を再現するのと同様、不可能に近いであろう。 …

STAP WARS

論文捏造関係というサイトがある。小保方晴子さんやSTAP細胞について言及しているブログやFacebookなどを一覧にして紹介しているサイトである。当ブログも「ねじまがっているからおもしろい」とのコメント付きで紹介されている。 もちろん山崎行太郎「先生」…